読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニマペット!動物飼育員がペットの飼い方を教えます。

犬や猫、ハムスター、ウサギ。ヘビにカエル、蟻や蜘蛛まで幅広く取り扱ってます動物飼育員が身の回りの生き物の飼育方法を教えます!

中型犬のベッド|噛む子でも安心。夏でも使えるおすすめ高級ベッド

犬や猫を始めとしたペットにとって、マットやベッドはくつろぎの場所として重要です。特に家で飼育されているペットたちは固い床はそんなに好きではありません。うちにいる猫たちも寝るときは基本的にソファやベッドの上を選びます。実はこのベッド選びにこだわる事もペットの快適な暮らしには欠かせないんです。夏はひんやり、冬はあったかいベッドがあればペットたちはいつでも快適に暮らせるでしょう。ということで今回は夏や冬に応じて効果が変わる動物用のベッドを紹介しようと思います。

 良いベッドの選び方

犬用のベッドと言ってもやはり良し悪しは別れます。一つ購入するにしても値段も馬鹿に出来ないのでなかなか買い替えは難しいですよね。買って損を感じる前に何が良いのかを知っておきたいので以下の項目をチェックしましょう。

保温性

冬になるとひんやりタイプのベッドは一気に使えなくなります。もし仕えたとしても余計に犬が寒がってしまう為おすすめできません。なので犬のベッドは冷却効果のあるものよりも保温効果の高いものを選んだ方が良いです。

丸洗い可

利便性の問題です。夏過ぎと冬の終わりには換毛期が来ますよね。カーペットやベッドは毛まみれになってしまいます。特に犬のベッドは大変なことになり易いので手入れが大変です。その手間を減らしてくれる丸洗い可能のベッドはかなり魅力的だと言えます。

弾力

近年、人の間でも低反発枕が流行りましたよね。柔らかすぎる素材は、意外な事に体に負担をかけてしまいます。なのでベッド選びでふわっと体が沈んでしまうものはお勧めできません。少し弾力のあるものを選びましょう。

以上3つの条件を満たしたベッドが良いものと言えます。勿論条件を満たしていないベッドすべてを否定するわけではありませんが、そういった商品はにおいや重量、耐久性など別の効果で勝負している筈です。

ですが多数あるベッドの中でこの3うの条件を満たしているものを探すのは大変ですよね。そこで紹介したいのはVintage Bolster Bed(ビンテージボルスターベッド)という商品です。なぜこれなのかという疑問には次の項目で書いていきます。

 

Vintage Bolster Bed

 

アメリカ産のベッドです。クッション内部にはリサイクルペットボトルを原料とした素材が入っている為軽いです。また、長く使えるように設計されている為耐久性は文句なし、なので犬が噛んでガシガシしても耐え切ることが出来ます。中身がぶしゃーってなる事も無いので安心ですね。

ちなみに外側の構造はこんな感じです↓

f:id:datukun:20170324080056p:plain

取り外して使えるという点が個人的には魅力を感じます。使う部分を残して他は洗うという使い方も出来ますし、犬を多数飼育している人は枠部分を他の子に回すといった柔軟な使い方が出来ますね。

では気になる3つの条件はというと

保温性:合格です。触ってみると分かるんですが細かい毛がたくさんついていて、熱をしっかり挟んで逃げないようになっています。しかもこの毛はかなり短く夏場は必要以上の熱を貯め込まないようになっています。その面でも問題はありません。

丸洗い:上の画像にも記載されていますね。本体丸ごとは難しいですがカバーの丸洗いが可能です。換毛期に溜まる毛を取りたいって人にとっては問題ないでしょう。

弾力:肉厚のクッションで弾力も文句無しの合格です。まるで母犬に抱かれたかのような感触で、犬たちも落ち着いて寝付けるでしょう。

全て合格ラインでしたね。ですが以上の項目を引いても耐久面やデザイン性も良く、最高級のベッドだと言えます。長く持ち続けたい人は購入して損はないでしょう。

購入にあたっての注意

SサイズとLサイズがありますが、こちらはアメリカンサイズでかなり大きく設計されています。ゴールデンレトリバー以上の大きさの犬以外はSサイズの購入をおすすめします。

 

ペット・ディール 楽天市場店