読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニマペット!動物飼育員がペットの飼い方を教えます。

犬や猫、ハムスター、ウサギ。ヘビにカエル、蟻や蜘蛛まで幅広く取り扱ってます動物飼育員が身の回りの生き物の飼育方法を教えます!

初心者でもペットとしてタランチュラは飼える?寿命・餌・種類など

f:id:datukun:20161105000749j:image大きくて毛むくじゃらでカッコいいけど手が付けにくい、そんなイメージを持つのがタランチュラです。

ですが意外な事に彼らは強い毒は無く、ましてや人を殺したこともありません。

実際に死亡事故もありませんし、安心なペットとしておすすめできます。

安全なハンドリング方法も、彼らの生態や危険性をよく知っておけば観賞用のペットとしても触れあえます。

という事で、今回は巨大雲タランチュラの飼育方法についてまとめていきます。

〈目次〉 

タランチュラってどんな生き物?

タランチュラは地蜘蛛のように土に穴を堀り、巣を作ります。
そこに近づいた獲物を捕まえ、巣に引きずり込んでいただきます、という生活を送っています。

飼育下でも突然消えたように見せかけて土にいたっていうケースが何度もありました(あれは焦った(^-^;))

 

タランチュラの種類

タランチュラはオオツチグモ科の蜘蛛の総称で、その中でもいろんなタイプのものがいます。

ではいくつかを紹介していきましょう。

 

①バードイーター

地表棲のタランチュラのことを言います。

大型が多く、ダイナミックな食事方法を取ります。その反面、大人しくハンドリングがしやすい面があり、初心者にもおすすめです。

ですが、この種類はお腹に刺激網を持っているので触れる際は注意です。

 

②バブーン

赤ん坊の泣き声のような名前ですが、タランチュラです。

この種類は土の中に巣を作り、餌を待ち構え、近くに来た餌を捕獲する食事方法を取ります。

いろは両極端といった具合で、地味化派ではの2通りな感じです。

気性は荒く、牙を鳴らしての威嚇行動も行います。

鑑賞のみで飼育するのであればかなり面白い種類でしょう。

 

③アースタイガー

アジア出身のタランチュラです。

これも穴を掘ってそこに住む種類ですが、かなりしつこく獲物を追いかける傾向にあります。

気性もやや粗いですね。

 

④ツリースパイダー

タランチュラの中では美脚で長い脚に鮮やかな色を持っています。

動きも俊敏で警戒心も強いですね。

巣を作る種類も作らない種類もいますので、多様性があり人気の種です。

餌は追いかけ、捕まえ、食べます。巣は使いません。

タランチュラって毒とか大丈夫?

まず気になるのはここですよね。
実は正式に日本で販売されている毒性の生き物はどれも弱毒です。
刺されたりしても死には至りません。でも毒は毒ですのでヒリヒリする程度には痛みます。

実は毒性の生き物の怖さってそこではなく獰猛さなんです。
自分の身を守るタイプの毒虫は比較的おとなしいのですが、獲物をとるタイプの毒虫は荒っぽいものが多いです。

市販のものは前者なので安心してくださいね。

タランチュラの値段

相場は3000円~5000円で買えるものから

10000円近くするものもいます。

まず、どの種類が良いのか、上に書いた内容をもとに選んで貰えたらなと思います。

タランチュラの飼い方

逃げない事を大前提で、温度と湿度を保つ事を重視して飼育しましょう。

あまり過保護になるのも良くなく、構いすぎるとかえってストレスになります。

巣が出来たらなるべく壊さず触れず餌槍やりをしましょう。

 用意するもの

①ケース
スライド式の蓋付きプラケースを使いましょう。蜘蛛なので壁面を歩きますので餌の時以外開けないようにしましょう。

大きさはタランチュラか歩けるくらいで大丈夫です。

 

②餌
タランチュラは肉食動物なので、コオロギやミルワームを与えましょう。
馴れてくると生肉なんかも食べるようになりますが、コオロギだけでも生きていけます。

上級者向けでゴキブリもおすすめです。

 

www.animapet.shop

 ゴキブリはキモいという点を除けば(私は無理でしたが)栄養価が高い上、繁殖力も優れているので優良物件ですよ(笑)

 

③床材
水草育成用の土を使いましょう。湿気も含みますし、タランチュラの好みに近いです。
穴を掘っていなくなりますので、土は浅めに敷きましょう。

④霧吹き

タランチュラは多湿を好みますので2日に1度は霧吹きしましょう。
ただ、多湿を好むといっても水浸しにするとストレスで死にますのであげすぎないでください。

 

⑤ピンセット
餌が逃げたり、うまく捕まらないときは直接手渡しで餌を与えましょう。ピンセットは鉄製よりも木製を使用した方がタランチュラを傷つけなくて済みます。

 

タランチュラはなつくの?


はい!と言いたいのですが、残念ながら、なつく、という概要がそもそも虫達にはありません。

性格が穏やか、ということで触れ合うことはできますが過度の期待は禁物です。
ですが、行動分析学上、芸を仕込むことは出来ると言われています(現在ナメクジで書き初めができたという話も聞くので確かでしょう)

最後に

蜘蛛って良いですよね。特にあの形とかは中二心をくすぐる見た目をしています。

大きくなれば手に乗せる事も出来ますし、餌を食べている姿なんてかなり可愛いですよね。

飼い易さや、サイズ間でおすすめなのはストレートホーンタランチュラですかね。

どうしても市販では見つからないって人はレプタイルズフィーバーとかで¥500くらいで購入できるので足を運んでみるのも良いですね

【固定式給水ボトル】ウサギが飲み水をこぼすのは脱水症の前触れ?対策と予防におすすめ。飲みやすい給水器を紹介。

ウサギをはじめとした齧歯目の給水ボトルはこだわった方がいいです。

というのも、飼育セットに付属しているものはプラスチック部分が弱く、すぐに壊れて水がジョボジョボ…なんてことになりやすいからです。

それに、サイズがあってないと水を飲むときに口からこぼれてしまいます。

心当たりはありますか?

今回は水を飲むのが上手くいかないウサギの飼い主さんにおすすめの給水ボトルを紹介していこうと思います。

〈目次〉

水が飲みにくいときのサイン

いわゆる「飲めたフリ」を見抜くためにはいくつかポイントがあります。

  1. 何度も給水器の所に行く
  2. 水の減りが早い
  3. 床が濡れている

水の減りについてですが、普通は1羽のウサギで1本300mlのボトルの全てを飲み切る事は出来ません。半日で無くなる、となると疑った方が良いでしょう。

それと、飲めたように見えても飲めていない事があります。これは口の隙間から水がこぼれたり、水が給水ボトルから勝手に出たりすることで起こってしまう勘違いです。

こういったミスが続くと水分不足が起きてしまい、尿路結石ができてしまう可能性が高まり危険です。

水分不足は脱水症を起こす原因にもなり、命にも関わってきます。しっかり観察して防ぎたいですね。

口のサイズに合わせよう

ウサギ寄って飲み方や口のサイズは様々です。

Aちゃんには合ったけど、Bちゃんはビミョーという事は多々ある事です。

口コミなどを見る前に自分のウサギにはどんなものが合うのかを見ていきましょう。

目安としては

  1. 今使っている給水ボトルのサイズと容量
  2. 水口の材質
  3. 設置している高さと場所

これらを調べて問題点を探しましょう。「あ、やっぱりサイズが合ってないな」と感じた人はこのまま次の項目に行きましょう。

小さな口のウサギにおすすめ給水ボトル

『マルカン ウォーターボトル』

内側からケージに固定する仕組みになっています。殆どのウサギにはこれで十分です。ただ内容量が少なくなってくると出が良くなりすぎてしまうのでこまめに水の交換は必要になります。

『FATPET ペット用 ウォーターボトル 300ml』

長いノズルでケージの奥まで行くのでウサギも飲みやすいつくりになっています。レイアウトにこだわっている場合、場所は限定されると思いますが、固定、漏れ、丈夫さは問題なしです。

『SatisPetハムスター向け 自動水漏れ防止 水飲みボトル 115ml』

大型ハムスターから小型ウサギまで使えるちっちゃい動物用のボトルです。内容量が少ないので買う前に今使っているものと比較する必要性が出て来ます。

大きな口のウサギにおすすめ

『スドードリンクボトル』

内容量が多く、口の広い給水ボトルです。給水工は↓目についていて、向き不向きは別れますが、それ以外は高評価ですね。例えば内容量は450mlで、やや多めなのが魅力です。また、内部にはメモリもついているので1日にどれだけ飲んだのかが分かり易くなっていますので健康管理の指標にもでき、おすすめです。

『リッチェル ウォーターディッシュ』

最後にお勧めするのがこちら。給水口が皿形になっていて、この皿から減った水がパイプから自動給水されていく仕組みになっています。口の大きなウサギにも小さな子にも使える万能タイプです。傾きにはめっぽう弱いので使う際は平坦な場所で揺らさないようにするのがポイントです。

 

【固定式フィーダー】皿をひっくり返すウサギにオススメの餌入れ

ウサギの飼育になれてくると、やはり気になってくるのが餌入れです。

飼育セットに付属するものなんかはすぐに倒されてしまってせっかくの餌が台無し+部屋が汚れるというおまけ付き。

どうすればいいの?と頭を抱えている人も多いでしょう。

ということで、今回はウサギが餌をこぼさない為のおすすめの餌入れを紹介していこうと思います。

おすすめは固定式餌入れ

皿型ですと、軽いものは簡単に持ち上がりちゃぶ台返しされてしまうのでおすすめできません。

陶器製のものを選ぶようにしましょう。 

こういった固定式でかつ陶器製のタイプですと、ウサギからのかじり攻撃にも耐え、長期的に使用できます 固定する場所も自由が利くのでいいですね。

ワイドフィーダー

ワイドフィーダーとは固定式牧草入れのことで、ウサギが牧草を引っ張った時にすんなり取れる仕組みになっている。取り出しやすい事から、ウサギが牧草をストレスなく食べられるのが強みです。

おすすめワイドフィーダー

『牧草用フィーダー』

スタンダードなタイプです。 鉄製のため、丈夫で長持ちするのが良いですね。 汚れも落ちやすいため、掃除も簡単な一品

 

 『うさミミ かじり木牧草BOX』

こちらは木製のフィーダーです。 ウサギが餌を食べやすいようになっているためワイドフィーダーにしてはこぼす量は少なく感じました。 湿気に弱いのが難点ですが、それを考慮してか取り外しも簡単で掃除がしやすいのも魅力の一つです。

エコフィーダー

ワイドフィーダーに比べて牧草が取れにくい仕組みになっているものです。

また、牧草の取り出し口に網状の蓋が付いており、牧草が散らかりにくくもなっている。

地面に落ちて駄目になる牧草が少ないのが強みですね。

おすすめエコフィーダー

 『マルカン 牧草用エコフィーダー』

愛用している方も多いマルカンのエコフィーダー。 しっかりと牧草を固定してくれているので散らかりにくく、まさにエコといった感想です。 しかし、慣れないウサギに使用するとしばらく悪戦苦闘するので馴れるまでは根気がいります。 牧草の残りが少なくなるとウサギの口が届きにくくなるので使用する牧草はロングタイプが良いですね。

 

『Gifty 牧草フィーダー 2in1』

こちらのフィーダーならペレットと併用して使えますので、栄養管理が必要なウサギにぴったりです。 また、固定もしっかりとできますので食事中に「がたがた」と音が鳴る事もありません。 メリットは多いですが、材質がプラスチックなのでウサギからのかじり攻撃には弱いです。 一応、食器の手前部分には嚙み防止にプレートが付いていますがそれをよけて別の部分を噛みます。

まとめ

自分のウサギにぴったりのものはありましたか?

一番いいのはとにかく使ってみてウサギにあった物をそこから見つけるのが良いです。

ウサギも知能を持つ動物ですので、一概にこれで大丈夫と言い切れないのも面白いところだと思います。

性格や癖、好みを観察から知り、ウサギの快適な環境造りを心掛けましょう。

ブラインシュリンプエッグ|効率よく孵化させる為の準備の仕方。

熱帯魚の稚魚や両生類の飼育で必要になるのがブラインシュリンプです。

冷凍のものもありますが、孵化したての方が栄養価が高いので自宅で孵化させる人も多いはず。

しかし、その時にどうしても孵化しない卵や死体が目立つことがあります。無駄を無くすためにも効率のいい孵化方法を知っておきましょう。

道具を使おう

原理がわかっていて魚飼育に慣れた人は自分で孵化装置を手作りしてしまいますが、初心者が迂闊にてを出すと上手くいかず、結果として無駄ができてしまいます。

孵化器を使えばより効率的に孵化が可能になります。

コレはそこ面が卵形になっており、生まれたブラインがここに貯まっていく仕組みになっています。

準備するもの

エアレーション

卵が孵化する時、結構な量の酸素を使います。

その為、孵化装置内の酸素の供給は欠かせないです。

海水の素

ブラインシュリンプは汽水以上の水質でのみ孵化します。

淡水でも孵化する事はありますが、孵化率はかなり悪いのでお勧めできません。 

生まれてからどのくらい使えるの?

生まれたばかりのブラインは栄養豊富と最初に書きましたが、この栄養かはそんなに長くは持ちません。

賞味期限(?)は24時間以内です。

それを過ぎたらみるみると栄養を失っていきます。

それをふまえた上で孵化させる卵を調節していきましょう。

ペットウサギのおやつを栽培。新鮮な草をあげてストレス解消しよう。


f:id:datukun:20170313083024j:image
ウサギの一日の生活リズムを知っていますか?

朝は天敵たちよりも早くに起きて、朝露を浴びた新鮮な草を食べ、夜寝ます。

飼育かだと、この生活リズムとは違うリズムを過ごすことになるでしょう。

それが悪いことに繋がるかと言えば、一概にはそうとは言えません。

しかし、いろんな動物を見てきて思ったのが、飼育かでの贅沢というのは「より自然界に近い食事や飼育環境」ではないのか、ということです。

なるべく新鮮な草をあげる、自然界を再現した隠れ家を作る。

どれも自然界には当たり前にあって、飼育かでは用意しにくいものですよね。

ということで、今回はペットウサギの贅沢な食事について考えていこうと思います。

ウサギの一日

冒頭でも触れましたが、ウサギの一日はどのような生活を送っているんでしょうか。

まず夕方から朝方にかけて、天敵の活動が緩やかになる時間帯に最も活発化します。

その時間に食事や排泄を行います。

その為、天敵の動きが活発化する昼間は食事はあまりとりません。

その間はなんと自分の糞を食べて過ごすのです。

実はウサギの最初の糞はまだ栄養が完全に吸収されておらず再度取り込むことでその残りの栄養を吸収するのです。

穴の中で糞を食べている内に昼は終わり、夕方が来て、また、最初のサイクルに戻ります。

大好物は新鮮な草

ウサギが早起きしてまで食べたいものと言えば、やはり新鮮な野草です。

自然界では貴重な水分が豊富に含まれているのと、しゃきしゃきとした食感、朝日を浴びてたっぷりと蓄えられた栄養がその理由です。

飼育かでの食事は乾草やペレットいった人の手が加えられた食べ物ばかり。

それらが悪いものというわけではありません。栄養バランスに優れていて、肥満対策などの用途によって使い分けることができます。

ですが、自然界での食事に比べると咀嚼数や食感が全然違います。

実は野生のウサギたちは草を食べる際、草をちぎる音や感触、食感や咀嚼である程度ストレスを軽減させているのです。

なので、飼育での食生活を続けていると少しずつストレスが貯まって、将来的に病気に繋がってしまうんです。

では、その病気はどうやって防ぐのか。

答えは簡単です。

たまに、自然界の食事を取り入れればいいんです。

そうすることで食事から来るストレスをかなり軽減させることができます。

食事に自然食を混ぜよう

しかしながら、新鮮な草を日々の食事に取り入れるのはコレまた大変ですよね。

新鮮な、と言っている以上は摘んでから保存は出来ませんし…。

家に庭がある人なら野草の入手は簡単ですが、アパートやマンションに住む人は簡単にはいきませんよね。

特に都会になればなるほど草入手の難易度は増します。

そこでおすすめなのは自家製栽培です。

もう餌を自分で育ててしまうんです。

成長の早い植物なら収穫のサイクルも早くおすすめです。

特にオオバコやチモシー、イタリアングラス辺りはすぐに延びてくるのと切ってもまた生えてくるので何度も収穫が可能です。

ただ、回数を重ねる毎に歯が固くなるので老ウサギには向かないので植え替える必要が出てきます。目安は三回~五回ですね。

イタリアンライグラス

成長が早く、日当りのいい場所ですと2か月ほどで収穫できる牧草です。

寒さにも強く、日本の各気候で育てることが出来るのが強みですね。

チモシー(ティモシー)

多年草で、あらゆる草食動物の餌として使われます。

何度も収穫ができ、単価も安いのでコストパフォーマンスが良いです。

栄養価は他の牧草に比べるとやや劣りますが、バランスがとれている為肥満にもなりづらいので基本食として与えられています。

栽培の手順

最初に種を蒔くときはプランター内に敷き詰めるように蒔きましょう。

発芽してから伸びの良いものを選んで、他は抜くといいです。

この方法の理由は、種が発芽しないものもあるのと成長にも多少の誤差がある為です。

プランター内の面積も限られているので、ある程度は抜かないと栄養がすべての芽に届かないのでこうして選別するのです。

栽培す時間が無い、手間をかけられないって人は苗で買うのもアリです。

庭がある人はこの植木をそのまま庭に植えこめば自然繁殖が期待できます。